KOMOTO STYLE
テクノストラクチャー工法 『白の家』


設計・監理:自社
ポイント:
夏季の日射遮蔽に配慮した東西の袖壁と、深い軒下にテラスを湛えた、シャープな中にも奥行きの感じられるファサードが特徴的な外観デザインとなっています。その屋根を最大限利用した太陽光発電は20年間の売電を可能とする10.92kW搭載。
"白"を基調とした内観においては、現しの塗装仕上げとしたテクノビームが存在感を放つ一方、すべての照明器具を昼白色光に統一する事で
より一層の清潔感を醸し出しています。